コミュニケーション能力をあげられるnlpとは

文房具

経営を学ぶなら必要不可欠

スーツの人

海外の国々では

まだまだ日本ではMBAと聞いてもピンとこない方も多いのではないでしょうか。MBAとはMasterofBusinessAdoministrationの略で、経営学の大学院修士課程を修めると与えられる学位のことです。これまでは日本においてはあまり注目されてこなかった学位ですが、アメリカでは大手企業に勤めている半数近くがMBA取得者であり年間取得者の数も年々増え続けています。またMBAを取得する最大のメリットは幹部候補生として認められるチャンスとなり昇進や採用にも大きく影響を与えるほどですが、何より給与に大きな差が出るのです。経営学のプロを育成することが経済成長に直結するので、アメリカのみならず中国やロシアなどでも注目されているのです。

経営のプロを育てる

日本でも少しずつMBA取得を会社の採用や昇進などに取り入れるところも増えています。ですから仕事をしながら勉強できるビジネススクールが増えています。オンラインを利用した授業形態や週末だけ学べるスタイルや単科制度を取り入れているところなど、それぞれのスタイルに合わせた独自の学習方法を選ぶことができるのでおすすめです。今後日本でも経営のノウハウを知り尽くしたプロの人材が活躍する場が広がるはずです。国内に限らずグローバル視点でみればMBA取得者でなければお互い仕事をする上で対等に渡り合えません。これから社会に出て行く若い人材はもちろん現在現役として仕事をしている人まで、MBAはもはやなくてはならない学位になってきているのです。